Blogブログ

2019/12/27 デザイン, フォント

2019年によく使った(これから使いそうな)おすすめ日本語フリーフォント3選

イメージ

みなさま元気でお過ごしでしょうか?
2019年も残りわずかとなりました。

今回は、素敵なデザインには切っても切り離せない要素「フォント」についての記事です。
今年1年間でよく使った(また、これから使いたい)フリーフォントを紹介します。
フリーフォントといっても、色々ありますが条件として「日本語の書体」「無料でダウンロード可能」「商用利用可能」の3つの条件を満たしたフォントを紹介します。

余談ですがフォントといえば、2019年に販売されたフォント関連の書籍の中で面白かったのが「ほんとに、フォント」という本です。
この本、タイトルから察するにフォントに特化した内容かなとイメージされるかもしれませんが、レイアウトやデザイントレンドも学べるような読み応えがある本です。まだ読んでないという方は、是非。

まず一つ目は「バナナスリップ」

ヤマナカデザインワークスさんが作られたフォント。
可愛くてインパクトもあるフォントを探している方にオススメ。「きりぎりす」とかが好きな人はこのフォントも好きなんじゃないかなと思います。

また、このフォントの良い所が、ひらがなはもちろん、カタカナ、数字、英字、約物、教育漢字が使えること。
フリーフォントって意外とひらがなのみ、カタカナのみ、英語のみっていうのが多くある中でこれだけ多くの文字が使える素晴らしさ!ほんと製作者には頭がさがります。

バナナスリップ

二つ目は「ぽーら」

グレイグラフィックスさんが作られたフォント。
丸くて、太くて、ころんとした、とにかく可愛いフォント。

ひらがなのみではあるけど、的確に狙ったポイントで使えば効果的なんだろうな。
すごく拙い表現ですが、高いポテンシャルを秘めてるようなそんなフォントです。

ぽーら

番外編「秀英丸ゴシック」

最後は、フリーフォントと言っておきながら無料じゃないフォントですみません。
みなさんご存知「モリサワ」の定番フォントです。
有料フォントだけど、昨年に続いて2019年も自分の仕事の中で登場回数の多かったフォント。

これは、もちろん「ひらがな・カタカナ・漢字・数字・英字・約物」となんでも揃っていますし、丸ゴシックにありがちな幼稚さはなく、適度な柔らかさと上品さで可読性も良く見出しにも本文にも使いやすいフォントです。

モリサワ