Blogブログ

2021/11/16 WEB, 未分類

YouTube vs videoタグ 動画埋め込み比較

Yum

イメージ

Web動画埋め込みについて

サイトへの動画の掲載は「YouTube」が高機能で便利で簡単ですが、2021年6月から埋め込み動画にもインストリーム広告(再生画面内の広告)を表示することになったそうなので、YouTubeなどの外部サービスを使わない方法を試しました。
(ただ、今まで利用した沢山のYoutube埋め込み動画がどうなるか心配していたのですが、広告が出た所をいまだに見たことありませんが……)

埋め込み動画上の広告(YouTubeヘルプ)

動画埋め込み比較

14.9MBの動画を、YouTubeとvideoタグの2種類の方法で埋め込んでみます。

(ネコちゃんの動画は、フリー素材コミュニティサイトの「Pixabay」でお借りしました。)

YouTube

videoタグ(html5)

回線速度70Mbps(PC)と20Mbps(スマホ)で見たところ、
14MB程度であれば、問題なく再生できました。最初の読み込み時間も大差ありません。
このページには埋め込んでいませんが、140MBの動画でも普通に再生できました。

※今回はvideoタグにサムネイル画像(poster)を設定していないので、スマホでは読み込み時に再生ボタンしか見えないかもしれません。

videoタグで動画を埋め込む場合の注意点

などでしょうか。