Blogブログ

2021/05/27 WEB

BracketsからVisual Studio Codeに移行したお話

イメージ

OWIEです。マークアップするにあたりBracketsをメインエディタとして使っていたのですが、2021年3月にサポートの打ち切りが発表され、『Visual Studio Codeに移行してね!』というダイアログがアプリケーション上に出るようになりました。 乗り換えるのは早いほうが良かろう…というわけで、発表後すぐに移行し環境を整えました。最初は取っ付きにくな〜と思ってたんですが、結果的に乗り換えて正解でした。よかった〜!

環境を支えてくれるオススメpluginたち

移行して数ヶ月が経ちましたが、便利そう!と思ったら片っ端から入れて、やっぱ使わんな!となったのを除外していった結果、生き残ったpluginは以下の通り。 日本語化とかテーマは除外。ひとまずこんな感じで不自由なくコードを叩けてるかと思います。

Enter Abbreviationに助けられる日々

emmetの機能の一つなんですが、地味に様々な局面で助けられてます。Wrap with Abbreviationとも呼ばれる場合もある?みたいです。 テキストを選択、Shift + cmd + a で入力欄を呼び出し、あとはコードを叩くだけでササッとマークアップしてくれます。便利〜。 どんどん効率的にして快適な環境にしていきたいですね。ではでは。